Menu

最近のコメント

    アーカイブ

    © 2012 Firstyme - All rights reserved.

    Firstyme WordPress Theme.
    Designed by Charlie Asemota.

    ネット銀行の成長もあるので視野に入れても大丈夫だと感じます。

    消費者金融や信販会社などの総量規制対象外となる、収入の3分の1以上の融資が行える銀行や信用金庫ですが注意したい点も出てきます。まずは必要以上のお金を借りてしまう事で、例えば100万円必要な所を少し多めに120万130万等の申し込みをする事です。これはお金を借りるという行為にあたり良く考えられる、または見受けられる傾向であり必要以上分のお金を借りてしまうと、その分当然利息も高くなり返済期間も長くなります。総量規制対象外キャッシングをする場合は、たとえ銀行だからと言っても必要な分だけで尚且つ目的があるのであれば、その目的に合った金額のみ借りる事をお勧めします。仮に年収が400万で年収の半分となる200万円を借りようと思えば借りられるのが総量規制対象外キャッシングであり、審査さえ通れば銀行も貸付を行う事になります。その次に気をつけたいのは年利です。消費者金融や信販会社などが提供するローンでは、大体の一般的な利息が18%となっています。総量規制対象外である銀行ではどうでしょうか?銀行が取り扱うローン商品の中にも利息が15%などの商品もあります。100万円を年利15%で借りた場合、元金にプラスして利息を1年で15万円払わなければいけません。そうなってくるとかなり返済にあたっては負担が大きくなってしまい、生活を圧迫する事も考えられます。一番理想的な借り方は借りたい金額を、総量規制対象外キャッシングで低金利で借りる事です。その為には本当に借りなければいけない金額を計算して、銀行の取り扱うローンやキャッシング商品のどれが良いのかを十分に検討する事です。またネット銀行も現在は知名度も実績もあり、社会的に大きく認知度が上がったので借りる候補として入れるのは幅が広がります。ネット銀行の出している商品は何より利息が低く設定されており、おそらく地元銀行のカードローンよりも使い勝手が良いと思われます。ネット銀行では講座を作らなくても申し込みは出来ますが、講座を作る方が引き落としなど返済の面でもメリットがあります。